いざという時のお葬式マナーや葬儀社の選び方を町田市を例に紹介

御霊前

葬儀に関係のある六曜

線香

葬儀を執り行う際に日を見なければいけない、ということがあります。一般的に友引には通夜を行わない、ということになっていました。これは六曜と言われているもので、三島暦という暦に記載されていたことから今でも使われているのだそうです。友引に通夜を執り行うとその文字のごとく、友人まであの世に連れていかれてしまう、と言われています。日本人は縁起を担ぐなど言葉の力をかなり信じている傾向があるので、友引は葬儀会社も休みにする、ということがあるようです。
しかし最近では家族葬など葬儀もコンパクトになってきており、一般の参列者を呼ばないということも多くなってきました。よって、友引でもあまり気にせずに通夜や告別式を執り行うことも増えてきました。特に都市部は斎場や火葬場のスケジュールもあるので、六曜を気にしている場合ではない、ということもあります。田舎にいくとまだ六曜をかなり気にして、友引は避ける傾向があるようです。
地域によって根強く残っている風習もあるので、注意が必要です。葬儀を執り行う遺族に任せるべきことも多いです。また分からないことがあった場合には、葬儀会社に相談をすると適切なアドバイスを受けることができます。